❞ كتاب 40のハディース 黒田壽郞訳 ❝  ⏤ يحيى بن شرف النووي

❞ كتاب 40のハディース 黒田壽郞訳 ❝ ⏤ يحيى بن شرف النووي



歴史的、文化的にみて、日本とイスラーム世界はほとんど没交渉で
あったといっても決して過言ではない。交渉が始められたのは最近の
ことであり、それも不幸にしてもっぱら経済的なものに終始している
のが現状である。研究の領域においても、近来真撃な研究者たちの多
方面にわたる成果が徐々に発表されつつあるが、研究の伝統の浅いわ
が国においては、いまなお基本的な文献の研究、紹介が不可欠な段階
にあるといえる。
イスラーム世界の根幹をなす宗教イスラームそれ自体についても事
情は同様である。イスラームの第 1 の基礎はもちろん『聖クルアーン』
である。幸いにしてこれにはすでにいくつかの翻訳があるため、一般
の読者にも原典にあたることが容易になった。しかし言語的にもまっ
たく異なったアラビア語で、預言者ムハンマドを介して啓示されたこ
の聖典は、異質の発想、奇異な表現を多く含んでおり、環境、発想を
異にする日本人には、適当な注釈書なしにはなかなか理解しにくい。
このような努力は、残念ながらこれまで少しも払われなかったのであ
る。『クルアーン』以外にもイスラームにはその礎となり、その聖典
理解の鍵ともなる預言者ムハンマドの言行を記した伝承(hadith)が
あるが、厖大な量にのぼる預言者の言行録も、これまでほとんど紹介
の労がとられていない。このような事情が、わが国においてイスラー
ム理解の大きな障害となっているのは否めない事実である。
千数百年前、日本でいえば聖徳太子の時代に啓示された『クルアー
ン』を基幹とするイスラームという宗教が破竹の勢いで中東地域を中
心に広がり、今なお 7 億あまりの人々に信奉されている秘密は一体何
であろうか。ムスリムが多数を占めるイスラーム世界において、イス
ラームはたんにわれわれの理解するかぎりでの宗教にとどまらず、あ
らゆる分野における知的活動の発想の根元ともなっているのである。


イスラーム精神の現代の状況への適用という点では、意見に相違が
見られるものの、その源であるイスラームにたいして、人々は確固と
した忠誠心を持ちつづけているのである。この秘密を知るにはとにか
く原典にあたるしかない。『クルアーン』の翻訳がすでに存在する今、
さしあたり必要なのは、単に宗教的な側面ばかりでなく、社会的・文
化的・道徳的といったすべての側面を包含するイスラームという宗教
の本質を端的に指示し、説明するような原典の翻訳であろう。このよ
うな観点からすると、同じ趣旨に基づき編まれたアンナワウィーの『 40
の伝承集』の翻訳は、時宜にかなったものといいうるのである。
ここで伝承と訳されたハディースは、アッラーから啓示『クルアー
ン』を下された預言者ムハンマドの言行を伝えた記録である。この類
いまれな、世に容れられた預言者は、そのイスラームに関する深く正
しい理解に基づいて、『クルアーン』の精神を日々の言動のうちに見
事に結晶させている。このような観点からムスリムは、アッラー自身
の言葉である『クルアーン』の内容に厳密に従うと同時に、その精神
の正しい具体化といえる預言者ムハンマドにまつわる伝承の内容に従
うことを要請されているのである。ちなみにこの伝承の内容は、信者
により「踏み従われるべき道」という意味で、アラビア語ではスンナ
(sunnah) と呼ばれており、本書においては簡単に「言行」と訳されて
いる。信者たる者がこの言行に従うべき根拠としては、『クルアーン』
が次のように指摘している。
『使徒があなたがたに与えるものはこれを受け、あなたがたに禁じる
ものは、避けなさい。』(第 59 章 7 節)
おりにふれて信者たちに示された預言者の言行は、聖典『クルアー
ン』の精神の適切な具体化として、簡明にして強い説得力を持つもの
であった。それは信者たちにとりやや難解な『クルアーン』を真に理
解するための鍵となったのである。先にあげたような理由から、イス
ラームにおいては伝承のかたちで後代まで伝えられた言行は、『クル
アーン』を補足する位置にある。したがって伝承に関する正しい理解




يحيى بن شرف النووي - ❰ له مجموعة من المؤلفات أبرزها ❞ آداب العالم والمتعلم والمفتي والمستفتي وفضل طلب العلم (مقدمة المجموع) ❝ ❞ Riyadh Al Saaliheen Những Ng ocirc i Vườn Của Những Người Ngoan Đạo Chương Sabr Ki ecirc n Nhẫn ❝ ❞ Riyadh Saaliheen Cấm Sự Bất C ocirc ng amp Lệnh Phải Trả Lại C ocirc ng Bằng ❝ ❞ خلاصة الأحكام في مهمات السنن وقواعد الإسلام ❝ ❞ Riyadh Saaliheen Lệnh Bảo Phải Giữ Ama nah ❝ ❞ Izabrani hadisi iz knjige Rijadussalihin ❝ ❞ Riyadh Al Saaliheen Những Ng ocirc i Vườn Của Những Người Ngoan Đạo Chương Tawbah S aacute m Hối ❝ ❞ Riyadh Al Saaliheen Chương Ikhlass ❝ ❞ 40のハディース 黒田壽郞訳 ❝ الناشرين : ❞ دار الإسلام ❝ ❞ مكتبة الصحابة ❝ ❞ دار إسلامية ❝ ❱
من كتب إسلامية باللغة اليابانية كتب إسلامية بلغات أخرى - مكتبة كتب إسلامية.

نُبذة عن الكتاب:
40のハディース 黒田壽郞訳



歴史的、文化的にみて、日本とイスラーム世界はほとんど没交渉で
あったといっても決して過言ではない。交渉が始められたのは最近の
ことであり、それも不幸にしてもっぱら経済的なものに終始している
のが現状である。研究の領域においても、近来真撃な研究者たちの多
方面にわたる成果が徐々に発表されつつあるが、研究の伝統の浅いわ
が国においては、いまなお基本的な文献の研究、紹介が不可欠な段階
にあるといえる。
イスラーム世界の根幹をなす宗教イスラームそれ自体についても事
情は同様である。イスラームの第 1 の基礎はもちろん『聖クルアーン』
である。幸いにしてこれにはすでにいくつかの翻訳があるため、一般
の読者にも原典にあたることが容易になった。しかし言語的にもまっ
たく異なったアラビア語で、預言者ムハンマドを介して啓示されたこ
の聖典は、異質の発想、奇異な表現を多く含んでおり、環境、発想を
異にする日本人には、適当な注釈書なしにはなかなか理解しにくい。
このような努力は、残念ながらこれまで少しも払われなかったのであ
る。『クルアーン』以外にもイスラームにはその礎となり、その聖典
理解の鍵ともなる預言者ムハンマドの言行を記した伝承(hadith)が
あるが、厖大な量にのぼる預言者の言行録も、これまでほとんど紹介
の労がとられていない。このような事情が、わが国においてイスラー
ム理解の大きな障害となっているのは否めない事実である。
千数百年前、日本でいえば聖徳太子の時代に啓示された『クルアー
ン』を基幹とするイスラームという宗教が破竹の勢いで中東地域を中
心に広がり、今なお 7 億あまりの人々に信奉されている秘密は一体何
であろうか。ムスリムが多数を占めるイスラーム世界において、イス
ラームはたんにわれわれの理解するかぎりでの宗教にとどまらず、あ
らゆる分野における知的活動の発想の根元ともなっているのである。


イスラーム精神の現代の状況への適用という点では、意見に相違が
見られるものの、その源であるイスラームにたいして、人々は確固と
した忠誠心を持ちつづけているのである。この秘密を知るにはとにか
く原典にあたるしかない。『クルアーン』の翻訳がすでに存在する今、
さしあたり必要なのは、単に宗教的な側面ばかりでなく、社会的・文
化的・道徳的といったすべての側面を包含するイスラームという宗教
の本質を端的に指示し、説明するような原典の翻訳であろう。このよ
うな観点からすると、同じ趣旨に基づき編まれたアンナワウィーの『 40
の伝承集』の翻訳は、時宜にかなったものといいうるのである。
ここで伝承と訳されたハディースは、アッラーから啓示『クルアー
ン』を下された預言者ムハンマドの言行を伝えた記録である。この類
いまれな、世に容れられた預言者は、そのイスラームに関する深く正
しい理解に基づいて、『クルアーン』の精神を日々の言動のうちに見
事に結晶させている。このような観点からムスリムは、アッラー自身
の言葉である『クルアーン』の内容に厳密に従うと同時に、その精神
の正しい具体化といえる預言者ムハンマドにまつわる伝承の内容に従
うことを要請されているのである。ちなみにこの伝承の内容は、信者
により「踏み従われるべき道」という意味で、アラビア語ではスンナ
(sunnah) と呼ばれており、本書においては簡単に「言行」と訳されて
いる。信者たる者がこの言行に従うべき根拠としては、『クルアーン』
が次のように指摘している。
『使徒があなたがたに与えるものはこれを受け、あなたがたに禁じる
ものは、避けなさい。』(第 59 章 7 節)
おりにふれて信者たちに示された預言者の言行は、聖典『クルアー
ン』の精神の適切な具体化として、簡明にして強い説得力を持つもの
であった。それは信者たちにとりやや難解な『クルアーン』を真に理
解するための鍵となったのである。先にあげたような理由から、イス
ラームにおいては伝承のかたちで後代まで伝えられた言行は、『クル
アーン』を補足する位置にある。したがって伝承に関する正しい理解





.
المزيد..

تعليقات القرّاء:

 目次
訳者の序文 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
イマーム・アンナワウィーの序文・・・・・・・・・・・・・5
40のハディース ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8

 

 


歴史的、文化的にみて、日本とイスラーム世界はほとんど没交渉で
あったといっても決して過言ではない。交渉が始められたのは最近の
ことであり、それも不幸にしてもっぱら経済的なものに終始している
のが現状である。研究の領域においても、近来真撃な研究者たちの多
方面にわたる成果が徐々に発表されつつあるが、研究の伝統の浅いわ
が国においては、いまなお基本的な文献の研究、紹介が不可欠な段階
にあるといえる。
イスラーム世界の根幹をなす宗教イスラームそれ自体についても事
情は同様である。イスラームの第 1 の基礎はもちろん『聖クルアーン』
である。幸いにしてこれにはすでにいくつかの翻訳があるため、一般
の読者にも原典にあたることが容易になった。しかし言語的にもまっ
たく異なったアラビア語で、預言者ムハンマドを介して啓示されたこ
の聖典は、異質の発想、奇異な表現を多く含んでおり、環境、発想を
異にする日本人には、適当な注釈書なしにはなかなか理解しにくい。
このような努力は、残念ながらこれまで少しも払われなかったのであ
る。『クルアーン』以外にもイスラームにはその礎となり、その聖典
理解の鍵ともなる預言者ムハンマドの言行を記した伝承(hadith)が
あるが、厖大な量にのぼる預言者の言行録も、これまでほとんど紹介
の労がとられていない。このような事情が、わが国においてイスラー
ム理解の大きな障害となっているのは否めない事実である。
千数百年前、日本でいえば聖徳太子の時代に啓示された『クルアー
ン』を基幹とするイスラームという宗教が破竹の勢いで中東地域を中
心に広がり、今なお 7 億あまりの人々に信奉されている秘密は一体何
であろうか。ムスリムが多数を占めるイスラーム世界において、イス
ラームはたんにわれわれの理解するかぎりでの宗教にとどまらず、あ
らゆる分野における知的活動の発想の根元ともなっているのである。


イスラーム精神の現代の状況への適用という点では、意見に相違が
見られるものの、その源であるイスラームにたいして、人々は確固と
した忠誠心を持ちつづけているのである。この秘密を知るにはとにか
く原典にあたるしかない。『クルアーン』の翻訳がすでに存在する今、
さしあたり必要なのは、単に宗教的な側面ばかりでなく、社会的・文
化的・道徳的といったすべての側面を包含するイスラームという宗教
の本質を端的に指示し、説明するような原典の翻訳であろう。このよ
うな観点からすると、同じ趣旨に基づき編まれたアンナワウィーの『 40
の伝承集』の翻訳は、時宜にかなったものといいうるのである。
ここで伝承と訳されたハディースは、アッラーから啓示『クルアー
ン』を下された預言者ムハンマドの言行を伝えた記録である。この類
いまれな、世に容れられた預言者は、そのイスラームに関する深く正
しい理解に基づいて、『クルアーン』の精神を日々の言動のうちに見
事に結晶させている。このような観点からムスリムは、アッラー自身
の言葉である『クルアーン』の内容に厳密に従うと同時に、その精神
の正しい具体化といえる預言者ムハンマドにまつわる伝承の内容に従
うことを要請されているのである。ちなみにこの伝承の内容は、信者
により「踏み従われるべき道」という意味で、アラビア語ではスンナ
(sunnah) と呼ばれており、本書においては簡単に「言行」と訳されて
いる。信者たる者がこの言行に従うべき根拠としては、『クルアーン』
が次のように指摘している。
『使徒があなたがたに与えるものはこれを受け、あなたがたに禁じる
ものは、避けなさい。』(第 59 章 7 節)
おりにふれて信者たちに示された預言者の言行は、聖典『クルアー
ン』の精神の適切な具体化として、簡明にして強い説得力を持つもの
であった。それは信者たちにとりやや難解な『クルアーン』を真に理
解するための鍵となったのである。先にあげたような理由から、イス
ラームにおいては伝承のかたちで後代まで伝えられた言行は、『クル
アーン』を補足する位置にある。したがって伝承に関する正しい理解


は、ムスリムが自らの信仰を完成するために必須のものであると同
時に、一般識者がイスラームならびにイスラーム世界に正しい認識を
もつ上で、必要不可欠のことなのである。
イスラームにとり基本的な資料である伝承研究は、イスラーム学の
中で一専攻科をなしており、その蒐録にあたっては、古来それ以上期
待しえないほどの厳密な配慮がなされてきた。口伝的な性格をもつも
のは、えてして伝承者の恣意により勝手な改竄が行なわれる可能性が
強い。しかし学者たちは本文(matn)の前に必ず長い伝承の鎖(sanad)
を付し、本文の内容がイスラームの精神に合致するものか否か、伝承
の鎖が完全か、個々の伝承者に人格的な欠陥はないか等々の問題を多
くの角度から検討して、一々の伝承の信憑度を定めている。これまで
個人の言行に関してこれほど厳密な研究がなされた例を知らないが、
本書に引かれた諸伝承はとりわけ信憑性の高いものであり、疑念の余
地をさしはさみえない。
先にも述べたように、預言者の伝承集成は厖大な量にのぼっている。
アルブハーリー、ムスリム等の碩学が生涯をかけて蒐集した伝承集成
には多種あるが、ここでは煩を避けて言及を控えておくことにする。
とまれ浩翰なこれらの集成は、決して一般の人々が読み進める点で便
利なものではない。したがって原著者が序論で指摘しているように、
多くの学者たちが小冊子の伝承集を編んでいるが、僅かな伝承をもと
にイスラームの総合的な理解を意図した本書は、さしあたり格好の翻
訳の対象といえよう。ちなみに本書の著者はイマーム・ヤフヤー・イ
ブン・シャラフッディーン・アンナワウィーで、ヒジュラ暦 676 年に
他界している。13 世紀に編まれたこの伝承集は、その簡明にして綜合
的な性格のゆえに、以後ひろくイスラーム世界で愛読されつづけてい
る。本書は 1976 年に I・イブラーヒーム・D・ジョンソン=ディヴィス
両訳者の手によりダマスカスから英訳が出版されているが、翻訳、註
の点でこの訳書を活用したことを付記しておく。


最後に翻訳の技術的側面に関して若干付記する。翻訳にあたって
は、なるべく原義に沿うように努めたが、それが不可能な場合、カギ
カッコで補足した。
なお、註は煩雑を避けるため最小限にとどめた。またイーマーン、
イフサーン等適当な訳語が見つからず、原語がイスラームのキイ・タ
ームとして重要なものである場合、アラビア語をそのまま転記するに
とどめた。

 


讃えあれアッラー、万世の主、諸天と大地をくまなくしろしめし、
万物を宰べられる御方。まぎれもない徴、明白な証をもって正しい導
きを広め、宗教の掟を説くために遣わされた御使いたちの派遣者。ア
ッラーよ、これらすべての御使いに祝福と平安を授けたまえ。また私
は、その恵みたもうすべての恩籠のゆえに心からアッラーを讃え、い
やます恩恵、慈愛を乞い願う者である。またアッラーの他に神はなく、
アッラーこそは並びない唯一の神にして、凌威この上もなく、惜みな
い恩恵と赦しの与え手であることを誓言するとともに、われわれの長
ムハンマドがアッラーの下僕、御使いであり、その賞で愛したまう者
であると証言する。ムハンマドはいつの世までも奇蹟たりつづける尊
きクルアーンと、導きを求める者みなに光明を投げかけるその言行の
ゆえに、格別の栄誉を授けられた、よろずの被造者に優る者である。
われわれの長ムハンマドは、その確たる言葉、宗教的実践に示した寛
容の精神において比類のない者である。アッラーよ、彼とその余の預
言者たち、御使いたち、ならびに彼らの一族のすべてと他の敬虔な信
者たちに祝福と平安を授けたまえ。
次に引くアッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたま
え―の言葉は、アリー・イブン・アブー・ターリブ、アブドッラーフ・
イブン・マスウード、ムアーズ・イブン・ジャバル、アブッ=ダルダー
ウ、イブン・ウマル、イブン・アッバース、アナス・イブン・マーリ
ク、アブー・フライラ、アブー・サィード=ル=フドリー ―アッラーよ
彼らすべてを嘉したまえ―の権威に基づき、さまざまな伝承の鎖を経
て種々のかたちで伝えられている。
「われらが民のため、その宗教に関する 40 の伝承を記憶し、伝えた者
は、審判の日にアッラーにより法学者、宗教学者の一員に加えられる
であろう。」
他の伝承によれば〔後半の部分は〕、「アッラーは審判の日に彼を
法学者、宗教学者となされるであろう」、となっている。またアブッ=

 

 

 



حجم الكتاب عند التحميل : 86.2 كيلوبايت .
نوع الكتاب : pdf.
عداد القراءة: عدد قراءة 40のハディース 黒田壽郞訳

اذا اعجبك الكتاب فضلاً اضغط على أعجبني
و يمكنك تحميله من هنا:

تحميل 40のハディース 黒田壽郞訳
شكرًا لمساهمتكم

شكراً لمساهمتكم معنا في الإرتقاء بمستوى المكتبة ، يمكنكم االتبليغ عن اخطاء او سوء اختيار للكتب وتصنيفها ومحتواها ، أو كتاب يُمنع نشره ، او محمي بحقوق طبع ونشر ، فضلاً قم بالتبليغ عن الكتاب المُخالف:

برنامج تشغيل ملفات pdfقبل تحميل الكتاب ..
يجب ان يتوفر لديكم برنامج تشغيل وقراءة ملفات pdf
يمكن تحميلة من هنا 'http://get.adobe.com/reader/'

المؤلف:
يحيى بن شرف النووي - Yahya bin Sharaf al Nawawi

كتب يحيى بن شرف النووي ❰ له مجموعة من المؤلفات أبرزها ❞ آداب العالم والمتعلم والمفتي والمستفتي وفضل طلب العلم (مقدمة المجموع) ❝ ❞ Riyadh Al Saaliheen Những Ng ocirc i Vườn Của Những Người Ngoan Đạo Chương Sabr Ki ecirc n Nhẫn ❝ ❞ Riyadh Saaliheen Cấm Sự Bất C ocirc ng amp Lệnh Phải Trả Lại C ocirc ng Bằng ❝ ❞ خلاصة الأحكام في مهمات السنن وقواعد الإسلام ❝ ❞ Riyadh Saaliheen Lệnh Bảo Phải Giữ Ama nah ❝ ❞ Izabrani hadisi iz knjige Rijadussalihin ❝ ❞ Riyadh Al Saaliheen Những Ng ocirc i Vườn Của Những Người Ngoan Đạo Chương Tawbah S aacute m Hối ❝ ❞ Riyadh Al Saaliheen Chương Ikhlass ❝ ❞ 40のハディース 黒田壽郞訳 ❝ الناشرين : ❞ دار الإسلام ❝ ❞ مكتبة الصحابة ❝ ❞ دار إسلامية ❝ ❱. المزيد..

كتب يحيى بن شرف النووي
كتابة على تورتة الخطوبةبرمجة المواقعشخصيات هامة مشهورةكتب قصص و رواياتFacebook Text Artكتب اسلاميةمعنى اسمالكتابة عالصورSwitzerland United Kingdom United States of Americaالمساعدة بالعربيحروف توبيكات مزخرفة بالعربياقتباسات ملخصات كتبكتب الأدبأسمك عالتورتهالطب النبويزخرفة الأسماءقراءة و تحميل الكتبحكم قصيرةخدماتكتب للأطفال مكتبة الطفلكتب القانون والعلوم السياسيةالتنمية البشريةكتابة على تورتة مناسبات وأعيادكتب تعلم اللغاتمعاني الأسماءكتابة أسماء عالصوركتب السياسة والقانون زخرفة أسامي و أسماء و حروف..حكمةالقرآن الكريمالكتب العامةكورسات اونلاينكورسات مجانيةتورتة عيد الميلادOnline يوتيوبكتب الطبخ و المطبخ و الديكورتورتة عيد ميلادكتب التاريخكتابة على تورتة الزفافكتب الروايات والقصصمعاني الأسماءزخرفة توبيكاتاصنع بنفسك